お知らせ

玉石混交

update: 2016/06/08

おはようございます。

パートナーの伊藤正尚です。

『玉石混交』


本日6月8日付日本経済新聞に個人型確定拠出年金の特集記事が掲載されています。

既に書きましたが、先月、改正法が成立し個人型確定拠出年金への注目度が上がっています。

しかし、相談先が無い為といって証券会社や銀行の窓口にお訪ねされる事は、ご遠慮された方が良い気がします。

何故なら、証券会社も銀行も自社手数料を優先する体質だからです。

つまり、口座を開設し60歳まで運用する訳ですが、毎年、口座管理手数料が発生します。

この口座管理手数料が、各社まちまちですが、証券会社並びに大手銀行は高いからです。

詳しくは、紙面でご確認下さい。

当事務所が取扱個人型確定拠出年金の手数料は、日本経済新聞紙でも最低金額と明記されています。

加えて、証券会社や銀行と違い、担当者がころころ変わる事無くご相談等に対応させていただきます。

どの商品やサービスにも“玉石混交”があります。

その中から適切な商品やサービスを選ば無いと大きな差が出ます。

貴方ならどうされますか。

では。

このページの先頭へ