お知らせ

マイナス金利について

update: 2016/02/23

パートナーの伊藤正尚です。

すっかり更新が滞っておりました事をお詫び申し上げます。


“マイナス金利について”


年が明けたら、原油価格の下落やイギリスのEU離脱等、諸要素が重なり株価が急速に下落しています。

日銀の黒田総裁がサプライズ政策の一環?としてマイナス金利政策を導入を宣言し、実施されています。

大手都市銀行の普通預金金利も下がり、住宅ローン金利も低下です。

お客様から住宅ローン金利に関してお問い合わせを頂戴しました。

9月までに住宅建設の契約をすると消費税率が8%で決済できる事もあり、検討されておられる方が多い様です。

変動型住宅ローンの店頭金利を見ると、思わず飛びつきたくなるのは良く分かります。

ただ、30年なり35年の返済期間を考えれば、同じ飛びつくなら固定型住宅ローンの選択をご推奨いたします。

2月の資料しかありませんが、3月はもっと下がるかもしれません。

借り換えで固定型にされるのも、将来のリスクを回避する方策の一つです。

【フラット35】も、是非、この際ご検討下さい。



このページの先頭へ