お知らせ

【あけましておめでとうございます】

update: 2016/01/04

あけましておめでとうございます。

パートナーで所長の伊藤正尚です。

昨年からスタートしながら、当方の軸がぶれて投稿がブログだけになってしまいました。

この点を反省し、こちらの欄もしっかり対応させていただきます。

引続きご支援を賜ります様伏してお願い申し上げます。


新年早々のお題は、

「『マイナンバー』の対応は?」です。


昨年、マイナンバーが配布され、本年1月から本格的に運用がスタートします。

業務提携先の社労士事務所様にお聞きしたら、顧問先から問い合わせが多い様です。

当事務所がご説明するより、基本は、社労士事務所様にお尋ねいただくのがベストですが、“基本の基本”をお聞きしていますので少し書かせていただきます。

まず、会社の経営者等で従業員がおられる場合は、社会保障や税務の手続き上でマイナンバーの取得が必要な点を良く説明する事が肝要の様です。

何故なら、『源泉徴収票』や『雇用保険被保険者資格取得届』等の手続き書類への記載が必要となるからです。

また、企業や個人事業主は社員や従業員から提示されたマイナンバーの管理には法的な罰則があるので、法を順守した適切な管理が求められています。

なお、何らかの事由でマイナンバーの提出を求めても提出されなかった場合は、事実関係の経緯や記録を残すと共に他の書類等と管理を別にしたりして他に漏れない様にする必要があります。

最後に、マイナンバーと個人番号カードの違いが理解されていない事が多い様ですので、この点も、違いを理解する事が大切な様です。

以上が、“基本の基本”だそうです。

社労士事務所等、何処に相談したら良いのかご不明な場合は、当事務所で複数の社労士事務所をご紹介も出来ます。

勿論、ご紹介はさせていただきますが、最終的にはご自身でご相談先の社労士事務所を選択されれば結構です。

では。

このページの先頭へ