お知らせ

何もしないのは会社の罪!?

update: 2015/10/24

パートナーの伊藤正尚です。

10月分給与を昨日の23日に受け取った方が多いかと思います。

もし、同じ勤務内容なのに手取り額が減ったの理由をきちんと説明できましたか?


『何もしないのは会社の罪!?』


社会保険料は、4,5,6月支払分給与を平均して社会保険料の算定基礎届を作成します。


こうして決まった社会保険料は、9月から変更となります。

そして社会保険料は翌月納付の為、10月分支払分給与から変化します。

今、国の方針により社会保険料は右肩上がりに上げる状況ですので、昨年と同条件でも社会保険料負担が増え、手取り額は減る事になります。

この点を、会社は社員にきちんと説明が出来ていないいけない訳です。

しかし、指をくわえて社会保険料の値上げを見ているのは、会社経営者としては失格なのではないでしょうか?

公的制度を使って、会社の資金負担が無くても、社会保険料の負担軽減が出来るのです。

勿論、社員も軽減し、かつ、税制優遇の特典も付くのです。

それが、選択性401kです。

何もしないのは会社の罪だと思います。

会社も社員もメリットがある公的制度検討しないのは大きな損失です。

相談先は、勿論、当事務所へどうぞ。

では。

このページの先頭へ