法人のお客様

法人と従業員の未来を構築するパートナー

導入コンサルティングとサポート

確定拠出年金(401K)は、平成13年(2001年)10月に、公的年金の上乗せ部分における新しい選択肢として導入され、税制面でとても優遇された年金です。

私どもが推奨する選択性確定搬出年金(401K)は、給与の一部を搬出金とするため、企業側には社会保険保険料が下がるというメリットがあります。
従来の厚生年金基金のような積み立て不足による将来の不安な発生しません。
くわえて、労使協定が必要ないため、スムーズな制度導入が可能です。

私たちは、DCマイスターとして、導入を希望される企業様と一緒に企業と社員様の将来を構築するために、お手伝いをさせていただきます。

導入後も、定期的な社員研修や個別相談を開催し、社員のみなさまの生活安定と将来の安心を力強くご支援いただきます。

継続的に企業の未来創造がサポートできるのはDCマイスターだけです。

福利厚生制度の見直し

ライフスタイルの変化もあり、社宅や保養所等の“ハード型”から、ライフプラン支援等の”ソフト型”へ推移しています。
私たちは、提携の税理士事務所や社会保険労務士事務所等と一緒になり、社員ひとりひとりにまっちした教育や情報提供を行い、会社への帰属意識の向上や労働意欲の向上にお役立ちさせていただきます。

このページの先頭へ