確定拠出年金(401K)

確定拠出年金は、2001年に導入された公的年金の制度です。アメリカの法律を参照したため、日本版401Kとも言われています。

企業型確定搬出年金を導入すると、法人は財務体質の強化が図れと共に社員の福利厚生の拡充が図れます。
社員の老後資金の資産形成を法人が助成する仕組みですので、掛け金は全額損金扱いとなります。

個人が個人型確定搬出年金に任意に加入する目的は、節税効果と幸せ年金(自分年金)づくりです。
老後資金形成のための積立が、全額控除となります。加えて、積立期間中に発生した利益にも非課税となります。
老後資金形成の決定版とも言われるため、女性たちの注目を集めています。

私たちは、確定搬出年金の健全な発展を願う一般社団法人DCマイスター協会から認定を受けたDCマイスターです。
法人の導入コンサルタントはもちろん、個人の方々の導入コンサルタントも行っています。
私たち、DCマイスターが、みなさまの幸せ年金のサポートをし、将来の夢を大きくいたします。

中小企業の資産形成のための最強パートナー
選択制確定拠出年金 401K

確定拠出年金(401K)とは

確定拠出年金(401K)は、個人の所得税及び住民税を節税しながら、公的年金の上乗せとなる幸せ年金が積み立てできる国の年金制度です。

現行の企業年金制度が、中小企業や自営業者等に十分普及していない事や転職や年金資産の持ち運びが十分確保できていない為に、転職者が急増している現在にマッチした制度が要望されていました。

選択確定拠出年金(401K)は、企業の資金負担をかけずに、社員ひとりひとりに節税メリットを享受しながら年金資産の構築を可能にした制度です。

中途採用でも、年金資金の継続しての構築ができ、優秀な社員の中途採用が可能になり、企業の成長と社員のモチベーションアップに貢献します。

選択制確定拠出年金 導入

確定拠出年金(401K)のポイント

  1. 1. 企業が社員へ支払い給与の総額に変更はありません。
  2. 2. 社員の幸せ年金(401K)の積立は、企業の社会保険料削減につながります。
  3. 3. 社員の幸せ年金(401K)の積立金額は、月額0円~55,000円内で社員自身が自分の意思で決めることができます。
    ※年1回変更が可能です。
  4. 4. 社員自身は、社会保険料削減や節税効果を受けながら幸せ年金(401K)の積立ができます。
  5. 5. 積立額の設定や生命保険等の見直しを、DCマイスター(社団法人DCマイスター協会認定)がパートナーとなってサポートします。
社会保障料の削減

導入事例】厚生年金加入者5名の企業の場合

※平成27年度愛知県の料率を適用しています。

選択制確定拠出年金 導入

年間で約4.8%の削減効果が実現します!

このページの先頭へ